初心者のかんたん麻雀入門
配牌(ハイパイ)の取り方
大三元-初心者のかんたん麻雀入門

配牌の取り方

麻雀の基本あがり役一覧点数計算目的別に検索amazonでショッピング Yahoo!ブックマークに登録
初心者のかんたん麻雀入門TOPへTOP

麻雀牌の配り方-初心者のかんたん麻雀入門

牌山(17枚2段)を積んだら、次は各プレーヤーが初めの13枚の牌を持って牌山から取ります。
この初めの13枚の牌を牌山から取ってくることを「配牌(ハイパイ)」といいます。
配牌は、「東家」→「南家」→「西家」→「北家」の順に取ります。
配牌は、子は13枚、親(東家)は14枚の牌を取ります。

配牌(ハイパイ)の手順

手順1
親(東家)がサイコロを振ります。
ここでは「3」と「4」が出たことにします。

手順2
親(東家)から7の目(手順1)にあたる西家の牌山から、牌を取ることになります。

手順3
西家の牌山の左から7組(上下14枚)を残して、親(東家)が2組(上下4枚)を取ります(図「東1」)。
王牌(ワンパイ)といって、必ず配牌開始場所の左から14枚の牌は残さなければなりません。

手順4
親(東家)に続き、南家→西家→北家の順で、右回り(時計回り)に2組(上下4枚)ずつ取ります(図「南1→西1→北1」)。

手順5
手順3、手順4を、各家が3回繰り返します。
図の「東1」〜「北3」まで終えると、各家が12牌ずつ取ったことになります。

手順6
親だけが二牌、その他のプレーヤは一牌取って配牌を完了します。
親(東家)は、A、Bの2牌(図の赤い点線)を取り、引き続き南家はC、西家はD、北家がEの1牌ずつを取ると配牌が完了します。
子は13枚、親は14枚の牌を取って配牌を完了します。

配牌の手順の解説図
配牌(ハイパイ)の手順

メニュー
牌の種類 麻雀牌の組み合わせ 場所決め 親決め
配牌(ハイパイ) 理牌(リイパイ) ツモと捨牌 点棒
牌山の作り方

Copy right(c) 2009 初心者のかんたん麻雀入門 all right reserved