初心者のかんたん麻雀入門
カンの作り方
大三元-初心者のかんたん麻雀入門

カンの作り方

麻雀の基本あがり役一覧点数計算目的別に検索amazonでショッピング Yahoo!ブックマークに登録
初心者のかんたん麻雀入門TOPへTOP

カンの作り方-初心者のかんたん麻雀入門

同じ牌を4枚そろえた組み合わせを「カン」といいます。
カンには、他のプレーヤーの捨牌をもらわないで自分で作る「暗槓(アンカン)」と、他のプレーヤーの捨牌をもらって作る「明槓(ミンカン)」があります。
暗槓をした後には立直(リーチ)をかけることができます。
ただし、明槓は、「鳴く」、または「食う」とも呼ばれ、明槓をした後にはリーチをかけることができなくなります。
ポンをした後に、そのポンをした同種の牌を牌山から自分でツモってきた場合には、ポンに追加してカンをすることができます。
また、カンの後の手牌は、1枚多い14枚になります。
なお、1つの捨牌にカンとチーが同時にあった場合は、カンが優先されます。

カン

【カンの手順】

手順1
暗槓(アンカン)・・・手牌に「二萬」「二萬」「二萬」「二萬」などの槓子(カンツ)がある場合に、「カン!」と発声します。
ここでは、例として「六萬」をカンします。

明槓(ミンカン)・・・手牌に「二萬」「二萬」「二萬」などの刻子(コーツ)がある時に、他のプレーヤーが「二萬」を捨てた場合に、「カン」と発声してその捨牌をもらいます。
ここでは、例として「六萬」をカンします。

手順2
カンをした4枚の牌を、卓の右端にさらします。
下図の②参照
→カンの卓へのさらし方

手順3
嶺上牌(リンシャンハイ)を1牌ツモります。
下図の③参照
→嶺上牌(リンシャンハイ)とは?

手順4
不要な牌を1枚捨てます。
ここでは、例として一萬を捨てます。
(カンをすると手牌は1枚多い14枚になります)
下図の④参照

手順5
ドラ表示牌を1枚めくります。
ここでは、1回目のカンなので、ドラ表示牌「白」の左隣の牌を一枚めくります。
下図の⑤参照
カンをした際のドラの動き

手順6
ツモの順番は、左回りにカンをした次順のプレーヤーに移ります。
たとえば、南家がカンをした場合には、ツモ順は西家となります。
下図の⑥参照

暗槓(アンカン)の手順解説図
暗槓(アンカン)のやり方
明槓(ミンカン)の手順解説図
明槓(ミンカン)のやり方

【カンのメリット・デメリット】
カンをすることによって、ドラの表示牌(つまりはドラ)が1つ増えるというメリットがあります。
また、カンをした後には嶺上牌(リンシャンハイ)をツモりますが、この嶺上牌であがった場合には「嶺上開花(リンシャンカイホウ)」という役が1役付くというメリットがあります。
明槓(ミンカン)においては、「立直(リーチ)をかけることができなくなる」、「役がなければあがれなくなる」という2つのデメリットがあります。

【カンのさらし方】

(A)暗槓(アンカン)のさらし方

暗槓(アンカン)のさらし方

(B)明槓(ミンカン)のさらし方

(a)左隣のプレーヤー(上家「カミチャ」)からカンした場合
上家(カミチャ)からカンした場合

(b)向かいのプレーヤー(対家「トイチャ」)からカンした場合
対家(トイチャ)からカンした場合または対家(トイチャ)からカンした場合

(c)右隣のプレーヤー(下家「シモチャ」)からカンした場合
下家(シモチャ)からカンした場合

(C)追加のカン(ポンをした後に4枚目のツモをカンした場合)
※ポンをした横向きの牌の上に並べます。

(a)左隣のプレーヤーからポンした場合の明槓(ミンカン)のさらし方
左の人からポンした場合の明槓(ミンカン)のさらし方

(b)向かいのプレーヤーからポンした場合の明槓(ミンカン)のさらし方
向かいの人からポンした場合の明槓(ミンカン)のさらし方

(c)右隣のプレーヤーからポンした場合の明槓(ミンカン)のさらし方
右の人からポンした場合の明槓(ミンカン)のさらし方

メニュー
ポン チー カン 嶺上牌(リンシャンハイ)

Copy right(c) 2009 初心者のかんたん麻雀入門 all right reserved