初心者のかんたん麻雀入門
親の決め方
大三元-初心者のかんたん麻雀入門

親の決め方

麻雀の基本あがり役一覧点数計算目的別に検索amazonでショッピング Yahoo!ブックマークに登録
初心者のかんたん麻雀入門TOPへTOP

親の決め方-初心者のかんたん麻雀入門

プレーヤーの座る場所を決めた後は、今度はゲーム最初の親(起家「チイチャ」)を決めます。
ゲーム一番最初の親の決め方は、場所決めの時に「東」を取ったプレーヤー(仮東といいます)がサイコロを振り、出た目にあたるプレーヤーが今度はサイコロを振ります。
この2回目に出た目にあたるプレーヤーが最初の親(起家「チイチャ」)になります。

親の決め方の手順

手順1
座る場所を決めた時に「東」を取ったAさん(仮東)が、1回目のサイコロを振ります。
ここでは「1」と「5」が出たことにします。

1回目のサイコロ
最初の親(起家「チイチャ」)の決め方

手順2
サイコロの目の6にあたるCさん(Aさんから1、2・・・と数えます)が、2回目のサイコロを振ります。
ここでは「3」と「4」が出たことにします。

2回目のサイコロ
最初の親(起家「チイチャ」)の決め方

手順3
Cさんから7の目にあたるBさん(Cさんから1、2・・・と数えます)が、ゲームの最初の親「東」に決定します。

手順4
Bさんの右隅の場所に「起家(チイチャ)マーク」を置きます。

起家(チイチャマーク)

起家(チイチャ)マーク 起家(チイチャ)マークは、誰から親が始まったのかの目印です。
最初の親の右端にマークを置きます。
起家マークはゲームが終了するまで移動させてはいけません。
メニュー
牌の種類 麻雀牌の組み合わせ 場所決め 親決め
配牌(ハイパイ) 理牌(リイパイ) ツモと捨牌 点棒
牌山の作り方

Copy right(c) 2009 初心者のかんたん麻雀入門 all right reserved