初心者のかんたん麻雀入門
チーの作り方
大三元-初心者のかんたん麻雀入門

チーの作り方

麻雀の基本あがり役一覧点数計算目的別に検索amazonでショッピング Yahoo!ブックマークに登録
初心者のかんたん麻雀入門TOPへTOP

チーの作り方-初心者のかんたん麻雀入門

左隣のプレーヤー(上家「カミチャ」)の捨牌をもらって、順子(ジュンツ)を作ることをチーといいます。
もらうことができる捨牌は、左隣のプレーヤー(上家「カミチャ」)の捨牌に限られます。
チーは、「鳴く」、または「食う」とも呼ばれ、チーをした後には立直(リーチ)をかけることができなくなります。
なお、一つの捨牌にポンとチーが同時にあった場合には、ポンが優先されます。
他のプレーヤー(他家)の捨牌をもらって役を作るので、他家の捨牌を一切もらわずに役を作る「門前(メンゼン)」ではなくなります。

チー

【チーの手順】

手順1-「チー!」と発声する
手牌に「四ピン」「六ピン」や「四ピン」「五ピン」などのように、あと1枚の牌で順子(ジュンツ)を作れる時、左隣のプレーヤー(上家「カミチャ」)が「五ピン」や「三ピン」、または「六ピン」を捨てた場合に、「チー」と発声して、左隣のプレーヤーの捨牌をもらって順子を作ります。
もらうことができるのは、左隣のプレーヤー(上家「カミチャ」)の捨牌に限ります。
ここでは例として、北家が捨てた「五ピン」を東家がチーします。
下図の②参照

手順2-牌を卓の右端にさらす
チーをした3枚の牌を、卓の右端にさらします。
下図の②参照
→チーの卓へのさらし方

手順3-不要牌を捨てる
不要な牌を1枚捨てます。
ここでは、例として「四ソウ」を捨てます。
この時点で手牌は13枚になります。
下図の③参照

手順4-次順のプレーヤーがツモる
ツモの順番は、左回り(反時計回り)に、チーをした次順のプレーヤーに移ります。
ここでは東家がチーをしたので、ツモ順は南家になります。
下図の④参照
その後は、通常通り、西家→北家→東家→南家というツモ順でゲームが進行します。

チーの解説図
チーのやり方
【チーのメリット・デメリット】
チーをすることによって、テンパイ(役)を作るまでのスピードが早くなるというメリットがあります。
ただし、役がなければあがれなかったり、役を作っても食いさがりしてしまうというデメリットがあります。
たとえば、混一色(ホンイツ)をいう役を作った場合、門前(メンゼン)だと3役つくのに対して、チーをして作った場合には2役に下がってしまいます。
【チーのさらし方】
(A)リョウメン(連続した2枚の牌の両側を待つ)をチーした場合
ここでは六ピンをチーしたことにします
両面(リョウメン)をチーした場合(六ピンをチー)
(B)カンチャン(間を1つだけ待つ)をチーした場合
ここでは五ピンをチーしたことにします
カンチャンをチーした場合(五ピンをチー)
(C)ペンチャン(1・2で3、または8・9で7など端を待つ)をチーした場合
ここでは三ピンをチーしたことにします
ペンチャンをチーした場合(三ピンをチー)
メニュー
ポン チー カン 嶺上牌(リンシャンハイ)

Copy right(c) 2009 初心者のかんたん麻雀入門 all right reserved