初心者のかんたん麻雀入門
槍槓(チャンカン)【1役】
大三元-初心者のかんたん麻雀入門

槍槓
(チャンカン)

麻雀の基本あがり役一覧点数計算目的別に検索amazonでショッピング Yahoo!ブックマークに登録
初心者のかんたん麻雀入門TOPへTOP

槍槓(チャンカン)-初心者のかんたん麻雀入門

他のプレーヤー(他家)がポンから追加の槓(カン)をした際に、その追加の槓牌(カンハイ)が自分のあがり牌だった場合にあがると「槍槓(チャンカン)」という役がつきます。
ポンチー明カンをしない手牌の形を門前(メンゼン)といいますが、チャンカンは、メンゼンだけでなく、ポン・チー・明カン(食う)をしても成立し、1役がつきます。
なお、チャンカンの成立はポンから追加でするカンの牌が自分のあがり牌だった場合に限るので、必ず他のプレーヤの明カン牌があがり牌になります。

槍槓(チャンカン)

【槍槓(チャンカン)の例】
他のプレーヤー(他家)がポンから追加のカンをした際にそのカン牌があがり牌だった場合に成立する役です。
下のチャンカンの例図のように、「五萬」をポンしている南家が、4枚目の「五萬」をツモって追加のカンをした時、東家は槍槓(チャンカン)でロンをすることができます。

槍槓(チャンカン)の例

槍槓(チャンカン)の例

<東家の手牌>

東家の手牌

<南家が追加のカン>

南家が追加のカン

【槍槓(チャンカン)の場合の点数支払い】
あがり牌をカンしたプレーヤーが1人で支払うことになります。
上のチャンカンの例図では、東家に対して南家が1人で点数を支払います。

【槍槓(チャンカン)が成立した場合の措置】
槍槓(チャンカン)が成立した場合、追加のカンをしようとしたプレーヤーのカンは成立しません。
したがって、カンをした際にめくるドラ「カンドラ」は発生しません。
また、リーチ一発圏内であれば一発とも複合しますし、同じ理由から、「四開槓(スーカイカン)」と槍槓(チャンカン)が重なった時も、槍槓(チャンカン)によるあがりが優先されます。

メニュー
混一色 海底撈月 嶺上開花 槍槓
混全帯公九 三暗刻 ダブル立直 三色同刻
三槓子 純全帯公九 二盃口 小三元
混老頭 清一色

Copy right(c) 2009 初心者のかんたん麻雀入門 all right reserved