初心者のかんたん麻雀入門
あがり牌を捨てているフリテン
大三元-初心者のかんたん麻雀入門

あがり牌を捨てているフリテン

麻雀の基本あがり役一覧点数計算目的別に検索amazonでショッピング Yahoo!ブックマークに登録
初心者のかんたん麻雀入門TOPへTOP

あがり牌を捨てているフリテン-初心者のかんたん麻雀入門

自分のあがり牌をすでに自分で捨てている場合、それ以後のロンあがりは「振聴(フリテン)」になります。
このフリテンは、ツモ以外(ロン)であがることはできません。また、フリテンが成立しているのにロンあがりすると、罰金として満貫(親12,000点・子8,000点)を取られます。

自分のあがり牌を捨てているフリテン

【自分のあがり牌を捨てているフリテンの例】
すでに自分であがり牌を捨てているフリテンは、ツモあがりしかできません。

自分のあがり牌を捨てているフリテンの例

【フリテンのルール】
上記の図の例では、「一ピン」、「四ピン」の両面待ちですが、すでに第2巡目の自分のツモで、あがり牌である「一ピン」を捨てているので、他家から「一ピン」はもちろん、「四ピン」の捨牌が出てもロンあがりすることはできません。
ただし、自分で「一ピン」か「四ピン」をツモった場合は、フリテンにならないであがることができます。

【フリテンの罰金】
上記の図のようにフリテンが成立しているのにロンあがりすると、罰金として満貫(親12,000点・子8,000点)が取られます。

<子のフリテン>・・・親に4,000点、子に2,000点ずつの罰金
<親のフリテン>・・・子に4,000点ずつの罰金
メニュー
フリテン@ フリテンA フリテンB 沖和(チョンボ)
ノーテン罰 多牌・少牌 責任払い包(パオ) 2人あがり
途中流局 供託 海底牌の決まり 立直後の暗カン

Copy right(c) 2009 初心者のかんたん麻雀入門 all right reserved